カバー写真 (装幀=間村俊一)

内容一覧

はじめに
 書物の変
I 書物の過去と未来
 図書館化する世界
 文字と印刷
 開架式の旅
 言葉の筆
 拡張される書物
 歴史の組み方

II 歴史の痕跡
 内なるグリッド
 モネータと馬
 新しい遺跡文化
 自然のブラックボックス
 国境にて
 テルミヌスの変身

III 情報・群衆・芸術
 琥珀の心
 感性と知性のボーダレス
 情報と感染学
 擬似群衆の時代
 見えない家具の芸術
 活字再生

おわりに
 ランドネの道

著者紹介


港 千尋(みなと ちひろ)
1960年 神奈川県生まれ
1984年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。 在学中にガセイ南米研修基金を受け、南米各国に長期滞在
1985年よりパリを拠点に写真家・批評家として活動を開始
1995年より多摩美術大学に着任、現在情報デザイン学科教授
2007年、第52回ベネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナーに就任

主要著書
『記憶――「創造」と「想起」の力』(講談社、1996、サントリー学芸賞)
『映像論――〈光の世紀〉から〈記憶の世紀〉へ』(日本放送出版協会、1998)
『写真という出来事――クロニクル1988?1994』(フォトプラネット、1998)
『遠心力――冒険者たちのコスモロジー』(白水社、2000)
『自然 まだ見ぬ記憶へ』(NTT出版、2000)
『予兆としての写真――映像原論』(岩波書店、2000)
『洞窟へ――心とイメージのアルケオロジー』(せりか書房、2001)
『影絵の戦い』(岩波書店、2005)
『アンフラマンス 梱包されたデュシャン』(共著、牛若丸、2006)
『つくる図書館をつくる』(編著、鹿島出版会、2007)
『岡部昌生 わたしたちの過去に、未来はあるのか』(編著、東京大学出版会、2007)
『創造性の宇宙universe of interaction』(編著、工作舎、2008)
『HIROSHIMA 1958』(共著、インスクリプト、2008)
『新編 第三の眼——デジタル時代の想像力』(せりか書房、2009)
『愛の小さな歴史』(インスクリプト、2009)

主要写真集
『波と耳飾り』(新潮社、1994)
『明日、広場で――ヨーロッパ1989?1994』(新潮社、1995)
『瞬間の山――形態創出と聖性』(インスクリプト、2001)
『In-between 2 France, Greece』(EU Japan, 2005)
『文字の母たちLe Voyage Typographio』(インスクリプト、2007)
『レヴィ=ストロースの庭』(NTT出版、2008)

主要映像作品
『知性と感性の調和のために――クロード・レヴィ=ストロース』(2000)
『変身の山』(2002)
『チェンバレンの厨子甕』(2005)

主要展覧会
『赤道』(コニカプラザ、1991 第1回コニカプラザ奨励賞)
『Continental=Drift』(パルコギャラリー東京、1992)
『ヨーロッパ、ヨーロッパ』パストレイズフォトギャラリー、1994)
『はるかな空の下で』(東京都写真美術館、1992)
『影の境界』(モントリオール文化センター、1995)
『建築デザイン会議』(横浜ランドマークタワー、1995)
『移動する聖地』展(インターコミュニケーションセンター、1998 森脇裕之・ヲノサトルとのコラボレーションによる複合メディア・インスタレーション《記憶の庭》で同年のマルチメディア・グランプリ・アート部門大賞)
『潜在の書』(ITEM/パリ、1998)
『潜在の生』(IDEM/パリ、1998)
『livre latent』(スロヴェニア国立現代美術館、1999)
『世界の木霊』(愛知青少年公園、2000)
『ネットコンディション』(インターコミュニケーションセンター、2000)
『予兆』(パストレイズフォトギャラリー、2001)
『ひとつの山はすべての山』(爾麗美術、2001)
『野生の思考』(東京日仏学院、2001)
『写真160年記念展』(グラヴリン市立美術館、2001)
『サイトsite/sight』展(東京国立近代美術館、2002)
『傾く小屋』展(東京都現代美術館、2002)
『市民の色』(ニコンサロン、2005 伊奈信男賞)
『Augustine』(Photographer’s Gallery, 2005)
『Attingendo Memorie』(Gallery Q , 2007)
『日本現代美術展』(ヘイリ、韓国、2007)
『Beyond Language』(SOKA ART SPACE、北京&台北、2007)
『第3の自然』(1839 現代芸術ギャラリー、台北、2009)

主要コレクション
フランス国立図書館
東京都写真美術館
グラヴリン市立美術館
ニューヨーク近代美術館アーカイヴ

関連書

洞窟へ――心とイメージのアルケオロジー』(港千尋著)
新編 第三の眼——デジタル時代の想像力』(港千尋著)