カバー写真 (装幀=工藤強勝)

内容一覧

プロローグ

第一章 情報と情動
   ——主知主義的な枠組みから情報概念を解き放つ

第二章 タルドのコミュニケーション論再考
   ——モバイルメディアと接続するモナドの時代に

第三章 メディアと身体の関係と情動の政治学
   ——テレビが映し出す「政治家」の身体と声

第四章 メディア相互の共振と社会の集合的沸騰
   ——二〇〇七年「亀田父子」問題に見る「民意」

第五章 グローバル化とメディア空間の再編制
   ——メディア文化のトランスナショナルな移動とメディア公共圈

第六章 移民・移動と公共空間のデザイン
   ——「FMわぃわぃ」のメディア実践

参照引用文献一覧

あとがき

索引


著者紹介

伊藤 守(いとう まもる)
1954年生まれ。新潟大学教授を経て2000年より早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は、社会学、メディア・文化研究。
著書に、『記憶・暴力・システム』(法政大学出版局)、『ドキュメント テレビは原発事故をどう伝えたのか』(平凡社新書)、編著に『テレビニュースの社会学』(世界思想社)、『メディア文化の権力作用』(せりか書房)、共著に『デモクラシーリフレクション〜巻町住民投票の社会学』(リベルタ出版)等。

関連書

メディア文化の権力作用』(伊藤 守著)
文化の実践、文化の研究』(伊藤 守編)